RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
変えました
先日は、ちょっと感情的な事を書いてしまいました。
はい、あっさりとマカフィーに乗り換えましたが何か?(笑)。
今まで買ったパソコンに標準で入っている確立が高いのがノートンだったので、特に比較もせずに使ってました。いけませんね〜、反省です。
それで、今回はネットの書き込みなどを調べ、安定性の高いという評判からマカフィーを選びました。
それで、せっかくなのでマカフィーのレビューを少し。今回は気分的にすぐ変えてしまいたかったのでマカフィーのダウンロードから、セキュリティーセンターというのをチョイスしました。これは特に理由ないです(汗)。トップページにバーンとのっていたのでメーカー一押しなのかなぁ、って感じでそれにしました。
使ってみての感想です。一番違うのはIEのレスポンスが早くなった、ということです。ノートンの時は開くのも閉じるのもいちいち引っかかる感じがあったのですが、パッと開いてパッと閉じるだけでも気分がいいです。
次にメールですね。ノートン360はスパムフォルダが無い!ので読みたくないようなメールでも自分で一つ一つゴミ箱送りにしてました。マカフィーはスパムキラーというソフトが動いているので、迷惑メールも仕分けしてくれます。まだ使い始めたばかりなので、必要なメールまでそちらに送られてしまう事もありますが、学習させればよくなるのではないかと期待してます。
変えて正解だったかの答えはすぐ出ませんが、現状では明らかにマカフィーの方が優れてる感じがしてます。
author:三十路のミズノ, category:自作パソコン, 23:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パソコンを直す(その4)
部品も揃ったので早速、組み立てなのですが、せいぜい1〜2時間もあれば十分組むことが出来ます。今回は一部Vaioから部品を外しながら組んでいるので少し時間がかかりましたが、、、。
ただ、4CoreDual-VSTAは安価な変態マザーなので少し注意が必要です。前回ASUSの時は、便利な事にケース前面の細かい端子はまとめて接続出来たのですが、今回のはそんな便利では無いです。一つ一つ差し込む必要があるのですが、マニュアルをよく見てプラスマイナスを確認しましょう。実際、私は不注意でケースを全て閉じてからHDDランプが点灯していない事に気付きもう一度ケースを開け、差し直す二度手間をやってしまいました。
次にケースFanの端子は一つしかないのでケースFanが2つ以上ある場合には、別に端子を買ってきましょうね。電源から直接取る物でも、マザーのを分岐させるものでもどちらでもせいぜい4〜500円程度です。どちらでもよいと書いたのは、このマザー、ウインドウズがスタンバイ状態でもFanが停止しない仕様になっているようなマザーだからです。気になる人はFanコントローラーを別に買うなどの対策をしましょうね。
そういえばこのマザー、簡単なものですが日本語マニュアル付いてました。ありがたいですねぇ。不思議なもので、日本語で書いてあると少し安心します。
author:三十路のミズノ, category:自作パソコン, 14:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パソコンを直す(その3)
はい、もう3回目になりました。新たに買ったパーツはケース、電源、マザーボード以外に2つあります。1つはSATA接続のハードディスクです。大容量の物がずいぶんと値段が下がったのもあって買い換えることにしました。定番の日立のDeskstar T7K500 320GBです。これ8000円前後で買えるんですよねぇ、いい時代になりました。次に肝心なCPUです。これはせっかくなのでCore2DuoのE6320にしました。予算的なこともありますが、現状の主な使い方がネット、メール、オンラインゲームなのでそれらが快適に動けばオッケーなのでこうなりました。ゲームに関しては先々VGAを良いものに交換する事にしたいと思います。
あとはここにVAIOの時に使っていたVGA(ASUSの7600GSサイレント)とDDRメモリー(512GB×2)、DVDを持ってくれば組む事が出来ますね。この内容なら現在の標準的なスペックは満たしていると思います。
author:三十路のミズノ, category:自作パソコン, 00:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
パソコンを直す(その2)
今回の修理、というか再構築のテーマとして前のPCから使えるパーツは使う、そして出来るだけ安価に済ませるというのがあります。だから、それをふまえてのマザーボード選びになります。
VAIOから持ってくるパーツとしては、AGP接続のグラフィックカード、DDRメモリー、DVDドライブ、データを取り出すために使った電源ユニットがあります。電源は、もちろんATX規格の物を購入していたので問題無しですね。ちなみに今回はケースと同じくAbeeでS-550EBにしました。これは50℃以下ではFanが止まり静音化が期待できる電源です。20+4Pinなのでマザーボード選びには困りません。中古なり在庫品のマザーボードを探してもよいのですが、せっかくなのでCore2Duoにしたいなぁ、なんて欲もあります。そんな私にぴったりのマザーボードがありました。AS-ROCKの4CoreDual-VSTAというマザーです。これは俗に変態マザー(笑)とも言われていますが、AGPもPCI-Eも使えてメモリーもDDRとDDR2両方使える優れものです。相性の問題もあるようですがWikiで調べてから使えば良いでしょう。まぁ、今後アップグレードしていく上でのつなぎのマザーとしては上出来だと思います。価格も9000円前後なのでそこもいいですね。もちろんP35チップのマザーが気にならないかと言えば、気になりますが予算の都合上見送りました。それ以外にも正直まだ高価なP35チップマザーにするメリットが見えてこないというのもありますが。今買うなら熟成の進んだP965の方が信頼性も価格的にも良いでしょうね。P35はもう少し各社から商品が出揃ってから検討しましょう。
author:三十路のミズノ, category:自作パソコン, 16:50
comments(0), trackbacks(2), pookmark
パソコンを直す(その1)
先日、派手な音とともにお逝きになったVAIOですが使えない事にはとても困るので自分で直す方向で考える事に。といってもメーカーPCなのでケースなどを流用出来るような作りにはなっていません。それでまずは凡庸性の高いATXケースを購入することにしました。
条件としては、まずシンプルでカッコいい事、デザインですね。私の場合リビングで使用しているので、いかにも自作、というデザインでないものですね。
次に大きさです。大きい物を買えば手が入れやすくなって作業性は非常に良くなると思いますが、それだけ圧迫感もあります。出来るだけ小型で机の上に置ける物がいいですね。これにはもう一つ理由がありまして、子供がスイッチを押してイタズラするのを防ぐためでもあります。
次には温度対策です。やはりパソコンの部品が壊れる理由として大きいのはケース内温度が出来るだけ低くないといけないと思います。エアフローにもすぐれていると良いですね。
それで実際に購入したのはAbeeのEnclosureS1Rです。これは前回嫁のパソコンを作った時にS2Rを使用してた、というのもあります。それに作りがとても良く、ATXケースとしては小さいのですがサイドパネルが左右とも、更にマザーボードベースも外すことが出来て作業性も問題なしです。アルミケースなのでそれ自体がヒートシンクの役目にもなってます。前後にファンも付属しているのでエアフローも問題ないです。
なんだかんだ理由を並べましたが、一番の理由はデザインが気に入ったという事ですね。これに尽きます。他のパーツに比べて長く付き合うことになるパーツです。多少高価でも良い物を選びたいですね。
author:三十路のミズノ, category:自作パソコン, 17:26
comments(0), trackbacks(1), pookmark